読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイミーは泣く

自分語りばかりがたたり

トランスフォーマー

剣を掲げて戦には出るもののさ、いつからか戦うものは戦士から貴族へと成り下がって、携える剣も派手さ綺麗さを追求して何にも切やしないさ大事なものも守れやしないさalways loving youなんて詭弁なのさっつってな、オイ。

 

戦う力を持たなくては戦にも出られんというのに、外面ばっか気にしてバカみて、ぺっ!っつって部屋でプレイしたファイナルファンタジー4はセシルが暗黒騎士からパラディンになった。

俺はどこまでも孤独だ、くにおくん時代劇だって一人でクリアしたんだ、マッハパンチで敵は倒せても、一歩部屋から出れば外気はまだ冷たくて俺のチャンピオンのスウェットを貫通して、だらしなくボタツク茶色いドラム缶ズボンは隙間から真空が襲いかかってきてキンタマソニックディスオーダー。

 

漫画読みながら電車に揺られて、ギターの練習をし、帰宅すればドラムトラックを完成させてインターフェースにつないだレスポールをかき鳴らす、最後にメロディをはめる。

気取って生きてみても俺には何の実績も才能もないので誰からも見向きはされないのだ。

 

ツイッターで流れてくる「今日は〜で〜して飲み!」みたいな、いやいや俺誘われてませんけど、は?っつって部屋で金麦流し込んで悔しくなってギター弾いてライブのノルマはさばけてないから5月にまた諭吉が去っていくんですか?

天は人の上に人を作らず、ってさ、お前、人の確たる差の代表格である金の象徴はお前だよ、ぶっ殺すぞ、いや、死んでるけどさ。

 

「ご飯食べてる?お金ないでしょ」って母が俺に握らせた三万円で俺はティッシュペーパーとコカコーラを買って家に帰った。

悔しかった。

誰にも見向きもされないで、そのくせみんな俺と会ったら会ったで親切だ。

悔しかった。

 

生きてても棒にも箸にも引っかからない俺が悔しかった。

 

生きてるだけで悔しかった。

 

明日、新しいギターを買う。

フェンダージャガー

 

俺もカートコバーンとまでは言わないから、ソニックユースくらいは売れたい。

俺が死ぬ時に流したい好きなバンドとプレイリストを語るスレ

syrup16g 明日を落としても


Syrup16g - 明日を落としても

俺がオープンコードカポタスト駆使してアヘアヘおじさんになったのは大体彼に憧れて。

俺もレゲエマスターが欲しい時期があった。

五十嵐の書く歌詞は大体俺のことを言ってるように聞こえる。

太宰の人間失格みたいだ。

ほんますこ(2ch風)

 

ART-SCHOOL カノン


ART-SCHOOL - Kanon (Live)[Eng Subs]

サビの歌詞がなぜか高校時代の俺には泣けた。

てかこれリッキーアコギなのにパワーコード弾いてるのかな...。

なんにせよ声質の絶対的な良さは素晴らしいし、演奏簡単って言われるけど、案外構成もしっかりしてるし本当に良質でいいバンドだと思うんだよなアートは...。

 

the birthday なぜか今日は


The birthday / なぜか今日は ( lyrics. )

ガレージロックの神、ミッシェルからミッシェルの神チバよ。

なんだこのエアーズロックは、グランドキャニオンは、いい曲だな。

このジャパニーズロック感あふれる愚直なサウンドとグレッチによるジャキジャキ感のない暖かみのあるサウンドが好き。

あと声よ、ほんますこ。

 

フラワーカンパニーズ 深夜高速


深夜高速 / フラワーカンパニーズ

なんだかんだと一番聴いた。

歌い方にてるね、とよく言われる。

銀杏も好きだけど、青春パンクといえばフラワーカンパニーズだし、ハンドマイクで食らいつくその姿、熱い。

 

クリープハイプ 寝癖


クリープハイプ - 寝癖

2010年代に台頭してきたバンドはほとんどが受け付けず徹底的に好きじゃないけどクリープハイプだけはめっちゃくちゃ好き。

邦楽ギターロックとかスタンダードぶって扱われるけど全然スタンダードじゃない、ギターしっかりファンクでレッチリだし、リズム隊後ろからベタッてくっついてきてるし、スゲェいい。

世界観は声ばかり注目されるけど、メロディの作り方が上手いし熱い歌い方をする。

青春パンク好きなんだってね、最高かよ、と。

 

YUI good bye days


Good-bye Days - YUI Lyrics

俺の青春。

以上。

結婚したい。

flower flowerマジで好き。

 

鬼束ちひろ castle imitation


Castle Imitation

俺的日本の最強メロディーメーカー。

えぐいくらいメロディだけで心をえぐるし、歌詞でもう涙が止まらない。

俺が酔ってるとき聴くと俺が号泣します。

 

宇多田ヒカル flavor of life


宇多田光 Utada Hikaru - Flavor Of Life. Ballad Version

シンガーとして、ソングライターとして尊敬しすぎて、DVD全部持ってるばかりかついにカラオケで全部歌える。

この曲は妹と見てたドラマの主題歌だったので、聴くたびに妹の幸せを願ってしまう、カラオケでも歌う。

 

cocco 強く儚い者たち


強く儚い者たち Cocco

日本のグランジ

この曲はわりと爽快感あるけど歌詞は壮絶。

coccoさんはアルバムがスゲェいいから聴け。

 

bacho 決意の歌


bacho 決意の歌

俺がメロコア・エモをしてた高校時代の英雄。

マジで英雄。

マイヘアも熱いが、やっぱbachoさんですよね。

 

Oasis little by little


Oasis - Little By Little

俺が世界で一番好きなバンド、以上。

 

the beatles She loves you


Beatles She Loves You (With Lyrics)

父親の影響で聴き出して、中学時代ずっと俺と連れ添ったビートルズ

なぜか明るい曲をチョイスしたけど、やっぱいいよな。

この陰陽いりまじり、かつ散らかった作風なのにビートルズの枠に収まるのは、やはりすごいことだ。

 

rise against savior


Rise Against - Savior

ハードコアの中で一番好きなバンドで、完全に俺が憧れてパクってるバンド。

ドラマチックなメロディに直球の愛の言葉はたまらん。

愛だけを歌っていたい、愛だけを。

 

nirvana lounge act


Nirvana - Lounge Act (Live at Reading 1992)

ニルヴァーナはラウンジアクトが一番好きなんだけども。

もしくはステイアウェイ。

俺的にはこんなこと言うのあれだけど、ニルヴァーナグランジっていうよりはハードコア寄りのポストパンクな印象が強い。

メディアやファンたちは未だに英雄視してるしカートの人間性やスタンスが大きく人に影響を与えたんだろうけど、彼が言いたかったのは結局は何だったんだろうってのは計りかねる。

 

sound garden black hole sun


Soundgarden Black Hole Sun With Lyrics

俺はサウンドガーデンこそがグランジだと思う。

メロディセンスは一級品だと思うし、バンドの完成度が俺の聴いてきた中では一番だし安定感抜群、曲も安定感がもう、安定感よ。

夜に聴きたくなる。

聴いてる。

 

Fall out boy young volcanoes


Young Volcanoes Lyrics - Fall Out Boy (HD&HQ)

エモの代表格。

ポップなメロディを作ることに関しては天才。

高校時代、何も考えず頭空っぽにして酔いしれてた。

よく物事をあれこれと考えてた俺の思考を放棄させてしまうほど良いバンド。

 

rage against the machine guerrilla radio


Rage Against The Machine - Guerrilla Radio (Drum Cover)

神。

俺もレイジになりたかったなぁ。

 

radiohead Paranoid Android


Radiohead - Paranoid Android

生きる伝説とはまさに彼らで、彼らに準ずるバンドはこれ以降は出ないだろうってくらいいい。

初期のストレートな感じも、今のアートロック最前線も、またどちらも魅力。

 

Led zeppelin stairway to heaven


Led Zeppelin - Stairway to Heaven Live (HD)

最強。

ジミーペイジが好きすぎてレスポールをすごく下げて今日も歌ってる〜んだ!

 

ヴァリーマニロウ I made it through the rain


I MADE IT THROUGH THE RAIN with Lyrics By:Barry Manilow

最後は俺が死ぬほど悩んでた時に聴いてた、親父の書斎にあったCDから。

雨の中、やり過ごしてやり過ごして、俺はさぁ...なんてのはいつまでも俺の胸を打つのだ。

 

頑張ろうな。

相変わらず雑な人生送ってるねぇ!!!

エフェクターボードから長年(ベース時代から連れ添ってきた)Teck 21をリストラした。

どうにも俺のギターの音作りとか根本的なギターの腕前とか物事へのこだわりの薄さとかからついに去ることになった。

ありがとうね。

 

まぁそもそも俺はボードを持ち歩くのが嫌いで、エフェクターボードとかカッコつけていってるけど、ライブの時は丸腰のまま地面に置き、テープで固定して使用している、カートコバーンみたいでカッコ良くない?いや、俺がかっこいい!

 

最近日記書いてないね?どうしたの?とか聞かれるけど、最近は悲しいことがガンガンきてよ、そんなクソみたいなことが多かったりで明るく文字を書ける気がしなくてさ...え?元から暗い?ウッセェなボケ。

 

先日は赤坂でライブ。

前回池袋で弾き語りをして、縁あって別の企画にも読んでもらった感じ。

俺は俺でその日何を思ったか暴走し、メンバーからは「ちゃんと歌えや殺すぞ」と怒られ、企画者の方やスタッフにも「前のほうが良かったよ」と言われてかなり落ち込んだ。

 

何ならライブハウス前のビルのゴミ置いてる所みたいなところで申し訳なさのあまり泣いた。

いや、俺が暴走して「あはは〜基地外!」だったらええんやけど、いざバンド始まるわけだしさ、代表というか、そういう思いもなきにしもあらずですから。

 

打ち上げでは去年あたりから知り合って度々助言をいただいている偉い人(多分想像より偉い人)からキビシィー!!!言葉をもらい、反省。

 

反省点。

もう一人でやってた頃とは違うのだ、やけくそにやるのは卒業、瞬間に命をかける、ついでにもっと優しくなる、人に、って感じ。

 

「まぁ今回はひどかったけど、6月の初ライブは見に行くから、期待してるぞクリーミー!」なんて言ってくれて、まだ見棄てられてない、いや見棄てられても俺は誰に期待されなくてもやるよ、ええ、って感じで気合が入った。

 

ついでにwikiで五十嵐がライブでやらかしてメジャーデビュー消えた話を読んで安心した。

もう何なら俺が五十嵐、別にデビューも何もかかってないし、かかってるのは俺の命(税込みでハーゲンダッツより安い)だけだけど。

 

まぁその前に5月にアテクシがバイトしてたKINGS Xで弾き語りがあるので来て欲しいっす!!!

多分、反省が生かされてるはず。

瞬間に命かけてるはず。

いや、かけないけど、気持ちな。

 

まぁこのライブではかなりの人の期待を裏切ったりしてしまったので、かなり落ち込んだし反省したという話。

俺はいつもこういうところがある、やけくそに走る。

 

高校時代も奇跡的に某大会の予選を突破して最終選考のライブ審査in Fuckokaにこぎつけたものの、メンバー仲が最悪だったし、自信もなかったのでそこでもやけくそを発揮して審査員や地元ライブハウスの店長の期待を裏切り、その日の晩は睡眠薬を多めに飲んだ。

 

反省してもなおんねぇなあといやになって、でも今回は睡眠薬は飲まなかったから成長。

 

次はうまくやるよ。

 

余談。

 

僕が19の頃からよくライブに来てくれて、仲良くなった女の子(最近26だと知ってびびった、普通に年若い大学生だと思ってましたよ、ごめんな)が北海道に転勤でもうライブこれなくなっちゃって落ち込んでたんだけど、先日連絡があって

 

「かわのくんこの間のライブどうだった〜?」

 

なんて。

 

「いやこれがさ、ひどいライブをしてさ、悲しい」って答えたら心配してくれて、なんていい人なんだ!!!ふぐぐっ!!!とか言いながら説明した。

「でも私が初めて見たとき、ことあるごとにジャンプして曲も全部叫んでたし、MCは売れてるバンドの悪口で髪は金髪でショートカットだったからまだマシだよ」と言われた。

そりゃもう暴走ちゅーか事件だわ、アホ、俺。

 

記憶にない罪を重ねているのは俺の方だったんだね!

 

でも最後に「人間むき出しの、そんなかわのくんが良かったよ!」なんて言うもんだから、俺は反省も悔恨も懺悔も忘れて「マジ?最強じゃん俺、やば、がんばろ」となるのであった。

単純だ、年上に褒められたら一生やっていける。

 

牛丼食ってくる。

大概が面倒臭いことでできてるんだ

スタジオの頻度が増え、最近は金欠に次ぐ金欠が濁流のように押し寄せ、僕の身体的健康を著しく侵害してくる。

昨日の晩飯はセブンで買ったカップヌードルだった。

 


宇多田ヒカル - Kiss & Cry

 

ベースとリードギターが揃い、バンドとしての体をようやくなし、動いている感じ、俺が動いてる感じが非常に良かった。

俺は常に周りに動かされている、独りよがりでは何も変わらないだろうし、でも自分は信じないといけんよな!

 

最近は曲を作るのだけれど、どうも俺の「陰」の部分がクローズアップされがち!

最近嫌なことが多いからかな?

このあいだ酔っ払って作った曲の歌詞に「ネズミの死骸を舐めた、苦かった」とかいうのが登場した時は俺もさすがに焦った、大森さんにキレられ、そもそもそんなに良い曲ではないなと思ったのでボツにした。

 

あ〜俺になんか幸せをくれよ!

 

そんな感じで、最近、ベースをやっとる赤塚くん(通称フジオ)が通う東京大学に、レイさんと俺の高卒コンビで侵入。

なんか世界史の授業だったんだけど、興味本位で忍び込んだ俺たちは飽きてしまい、レイさんは絵を描いて、俺はAV女優のインスタグラムを眺めていた、いいね!ってした。

 

その後はカラオケで三人で練習した。

スタジオに入る金がなくなると見境がなくなる、悪癖。

赤塚はクソみたいなベースだけど真面目に練習してるからすぐ俺より上手くなると思う。

レイさんには助けられっぱなしなので、そろそろ彼が「え、かっこいいじゃんか」というような曲を作りたい。

 

カラオケを出て二人と別れ、俺は腹を下して芦花公園でうんこ。

そして今日会う予定だった後輩の家に向かおうとしたら、全く同名のマンションに縛着し、結果、予定を2時間オーバーして彼の家に着いた。

しかし嫌な顔一つせず、一番搾りを二人で飲んでくれるので、こいつはなんていいやつなんだ、と内心泣いていた。

彼は内心俺をどう思っとるかは知らんけども。

ガンガン酒やら何やらを摂取し、腹が減ったのでパンにマヨネーズを塗りたくって食べるなどし、爆睡した。

 

昼過ぎに起きて、別れて駅に行き、そのまま家に帰った。

帰りにまたお酒を買って、コンビニから歩きながら飲んでいた。

 


Oasis - Little By Little

 

相も変わらず美しい曲だなぁと思いながら歩いて帰った。

 

最近本当に嫌なことばかりだけど、こうして人に生かされて、それはそれで格好はつかないけど、まぁいいんじゃないかなって。

 

そのうちかっこつくでしょ?と誰かが俺に言ってくれるような気もしてるし。

ね。

I'm ready to drop ah ah to drop so don't stop me...(台無しになる準備はできてるんだよ、あぁ、あぁ、止めんなよ、止めないで)

バイトと称して、高校生の頃死ぬほどお世話になったMr.鮫島の店でバーテンダーを生業にしてから、どうにもいろんなことが目についてしまって、俺の心がどんどん鋭くなって鋭くなって、些細なことにも落ち込んだり噛み付いたり、嫌なところは嫌に、いいところはいい風に、「hey girl!」なんてカリフォルニアコミュニケーション(略してカリフォルニケイション、レッチリに謝れ)もできなくなる。

 

夜勤に店長鮫島と二人で入り、俺はカウンターにつったつ。

夕勤の男子大学生(音大二年生で、ピアノがすごく上手、後彼女がブサイク、名前は吉弥とかいうクソ男前ネーム、彼女はブサイク)と軽く挨拶をして入れ替わりに入った。

 

カウンターバーということで繰り広げられる話みたいなものはみっともない話が多い。

俺がチョイスしてかけてるjack's mannequinの「everything in transit」が空虚に響く。

 

「男子なんて最低よ!」と喚き散らす女子大生に相槌を打ちながら、彼女の注文したカクテルを作るのだけれど、繊細なその女の子も結局は自分勝手で手前勝手な事情を盾に、楽に楽になりたいだけなのだ。

「辛かったね」なんて言葉は白々しいから言いたくない、だから黙って話を聞くだけ!

長い髪を強引にオールバックになでつけた僕はどこまでも薄情か?

白状したいが、随分と薄情。

 

たまに来る芸能人の仕事の愚痴もまぁまぁの重みがあるが、彼女たちは若さゆえの繊細さというか、難しいけど、まぁそんな感じのサムシングに傷つけられてるのだろうなぁ、と。

俺もだからわかる。

若いというのは、何かに期待してしまうことではなかろうか。

勝手に他者に期待して、勝手に期待が外れて傷つく。

 

そんなもん。

 

随分前になるけど、高校生の時も女の子の愚痴を聞いていたけど、今とは相当違って、気持ちがわからないけど、わからないからこそ一生懸命に励ますというか。

その女の子は高校を辞めた後、しばらく経ってから、図書館帰りの俺と駅でばったりと再会した。

横のおっさんと手を組んでいた女の子は、気まずそうな顔を通り越して泣きそうな顔をして、僕を無視したのだ。

「援交」なんて言葉は聞きたくなかったけど、世の中無常で、九州の片田舎でのこんな些細な不幸でも人は不快にもなるし気持ち悪くもなるし、世の中に出てないだけで何人が不幸になったのかね、神様なんて、いないんじゃないですか?それとも救う人を選んでんすか?

 

気持ちがわかったところで誰も救えない、勝手に救われるしかないし、勝手に大人になって、他に何かを期待するのをやめるしかないのだ。

 

頭じゃわかってても、未だに期待しちゃうし、俺は若いのかね。

若いか、20歳だし。

 

女の子が帰って、俺はカシスオレンジを薄めて作って飲んで、皿を洗って、店長とだべって、お客の相手をして。

 

ちょうどその日きていた革ジャンを着た若い男の人と喋っていたのだけれど、話がすごく面白い人だった。

俺は普段ゲラゲラ笑うことは(演技ならあるけど)あんまりなくて、上ずった声で笑うくらいには話が面白かった。

 

そのお兄さんが、お酒もそこそこ入ってぽろっとこぼした言葉があった。

 

「変人は、こいつは変人なんだ、って周りの期待に応えるのに精一杯よ。変なことをやって、期待を裏切らない面白いやつでいよう、ってさ。でも、時々、俺が素直に物事を述べると、あいつらバカにしてききやしないの!面白いよな、悔しいけどさ」

 

期待というのはどうも残酷なもののようだ。

簡単に傷付けるのだ、するやつもされる奴も。

 

俺は人を大事にできてるのかな?

そんなことを思いながら、今日もまた陽は昇っちゃうのね...なんて切なくなってしまう、演歌の歌詞みたいに。

 

演歌、ばあちゃんとよく聞いた美空ひばり藤圭子

 

ちょっぴり懐かしい。

4/12

かなりマメに書いていた日記も、サボりだすとサボってポイ、となってしまうもので、不思議とこうして書くことも懐かしく感じられるような気がしてならなさすぎる次第。

 

バイトもないので部屋から一歩も出ずにギターばかり弾いていた。

レイさんと二人で作った、セブンスのアルペジオを絡めた2コードのイントロで始まる「ビネガー」という曲があるのだけれど、歌詞をまだ考えておらず苦心。

メロディや曲のサウンド自体は作ることは簡単なんだけど、どうにも歌詞が一番苦手。

よく世間の奴らはぽんぽん歌詞書けるなぁと感心しきり。

 

よくあるフレーズは絶対に使いたくないし、自分らしさは意地でも見せたい。

そんなわがままのせいか(勝手にやってるのにわがままもクソもないが)作るのはいつも難航している。

「実体験をもとに書けばいいんじゃない?」と簡単に言う奴もいるが、実体験を誰にでも伝わるカタチで、というのはかなり難しい。

実体験そのまま歌詞にしたらもう完全なる放送事故。

ありのままを受け入れられるのは顔がいいやつだけよ。

 

歌詞によく人間性が出ることがあるけど、そんなものは(個人の意見として)出したくはない。

「死ね」という一言をいかにオブラートやら箱やらで包めるか、ということであるよ。

 

まぁそんなことはさておき、昼過ぎぐらいにようやく書き終わって送信してベッドに倒れこみ、寝る。

 

で。

起床。

 

はー、ラーメンでも食いに行きたい。