note

正直ただの雑記

12/12

俺は日本においても屈指のガイジ(俺の高校時代に女子から付けられていたあだ名であり、西日本では最大級の侮蔑の言葉、英語で言うところのFuck)なので、毎晩酒を飲んでは気絶してるんだけど、今日の朝、猛烈な足の痛みで起床したら数日前に転んだ膝の傷がひどく膿んでいた。

俺は焦って消毒液をかけてガーゼを貼ってしのいだけど、いい大人が駅前で友達に髪を掴まれて引きずられてこんな傷を負い、それを酔っぱらって忘れて放置してたらこんなになっちゃったZE!じゃシャレにならんしもう、ダメだろ、人間として。

 

人間としてダメだから、もう昔からだけどインスタのストーリーとかやっちゃうような奴らは信用ならんし友達になんかなれる気がしなかったね、でも俺の高校生の時の友達は今やみんなそんな感じだし、たぶん無理して俺と仲良くしてくれてたんだろうね、悔しいね、バカじゃねぇのってね。

学校やめちゃった女の子の友達が、「河野くん何色が好き?」なんて聞いてきて「こんいろかな」って答えたら、似合ってるねって言ってて、俺はこのあいだのライブで紺色のスウェトを着てたし、今でも好きだよ、だから君も幸せであってくれってもうそんなことばっかだ思いつくのは。

 

今日は年二、三回くらいあるマジでスタジオがダメな日で、心なしかみんな落ち込んでいた、伊藤さんも落ち込んでいたように思う。

俺はと言うと色々考えた結果、アホなので何の結論も出なかった。

まぁでも最後にやった普段の音量よりも倍にしてファズとディレイをかけまくったtwistedがかっこよかったから今後のことが少しだけ見えてちびっとだけ満足した。

 

本当はレイさんと飲酒したかったけど耐えて帰った。

おかげで百五十円のストロングゼロで十分酔えた、もう眠い、死にたくはないけど。

 

ハァ〜マジでチバユウスケとカートコバーンは最強だよなぁ今in utrero聴いてるけど、タイトル子宮の中ってヤベェなぁ、俺だったらお母さんに聞かれるの恥ずかしくてつけれねぇよなぁ。

12/10

昨日も日記を書いたのに今日も書く!俺の人生は潤ってるねぇわしゃブロガーか!!!嫌いなんだよね日記ごときで悦に浸ってるやつも、くだらん文章で表現者ぶってるやつもね!だからバンドやってるやつも嫌い!シッガーソングライターをSSWって略してるやつも嫌い!!!

 

まぁこんな感じだし、大学生のアカペラサークルの動画とハヌマーンコピーバンドが死ぬほど嫌いで、見るだけで吐くないしは痙攣や失神などの症状を起こすことで有名な俺ですが、昨夜の晩飯が食パンにマヨネーズをかけて熱しただけのものだった時はさすがに敗北感がすごかったですね。

 

昨日は飯を食ってサァ寝よう!といったところで夕方ごろに明らかにヤバイ声色で友達から女にフラれた旨が伝えられたので、こういう時は社会的弱者のみんなで鍋をするのが一番のね、薬だと思ってね、俺の家で鍋パーティー(四畳一間)をすることになった。

バカなので全員持ってくる具材はイかれてたし、俺も俺で鍋はほぼ洗わずに具材をブチ込み熱し、各々がテキーラストロングゼロで楽しんでいた。

俺はバイト先からもらった業務用ストロングゼロを炭酸水で割って飲んでいた、製品版よりもきつくて、この間ニコニコ動画で見た多田野数人のスローボールとチャップマンのストレートの比較動画くらいやばかった。

 

マジで全員半年ぶりくらいだったんだけど、見るからに痩せていて、俺も痩せていたらしくて、全員がラップバトルで例えるとMC栄養失調、MC社会構造のガン、MC救われぬ哀れな迷い子、MC双極性障害1型。

この世の地獄だった。

ただ俺が彼らと違うとしたらバンドメンバーや伊藤さんにたけしといったただの友達ともまた違う大事な人間がいるということだったけど、彼らにはそれがいない。

マジで表現者振るわけではないが、いつかこいつらの孤独をしっかり描いてやれたらいいなぁと思った、それは俺も抱えている孤独だしね、ねっ!MC癲癇!

 

そのあと大森さんと電話で真面目な話をした。

下ネタでしか笑顔になれない男はバンドにおいては真剣そのものであった。

みんな頑張ってるし俺も頑張らんとなぁ〜と思ってギターを弾こうとしてたらクズがすでに弾いてた、おしゃかしゃま弾いてて世代だなぁ〜と思ったし、てか弾けるのかよ俺より上手いじゃんと思って腹が立ったのでブラックニッカ飲んだ、今は下痢だ!

 

もう全員出来上がったくらいからは人の悪口を言うことや進めていたブレスオブファイア4をやるのもやめ、号泣したり陰毛の話をしたりフラれた女の話をしたりして朝になっていた。

 

全員朝からバイトということで帰って行くのを駅まで送って、始発とともに変える背中を見つめていた。

同時に始発で駅に降りてくる人間が数名。

俺はよく朝最寄駅に帰ってきて、逆に改札をくぐっていく真人間を見てコンプレックスにかられたものだが、冷静になって考えてみろ、その道は自分でやらかしたことだぞ!!!????と思うようになったのが19の頃。

そう、バンドマンの感傷などしょうもないしちっぽけだしダッセェし不細工なのだ。

そう思ったら誰にも負ける気がしなくなってきた、誰にもは言いすぎたけど、俺は虚言癖持ちなので、日本じゃ一番俺がかっこいい、次は綾野剛、くらいのことは平気で言う、俺が一番かっこいい。

俺が嫌いなすました顔ですましたことをしてるくせに書いてる内容は清潔にラッピングされたオメェポテトチップスかよ!!!???みたいな曲じゃなくて、すまそうとしてるけどライブ中動きが気持ち悪くて絶妙に近寄りがたく、書いている内容はレディースコミックからフィクションと救いをなくしてしまったかのようなことを叫んでいますが、俺が一番かっこいいし、俺が一番かっこよくないとみんな飯食えんし、今日の朝帰った奴らも俺も5年後どうしてるのかわからんやつも、なんで生まれてきたのかわからんでしょ。

 

soundcloud.com

12/9

偏差値が低い高校を出たので今日も歌詞を書いている。

偏差値が高い奴らはきっと歌詞なんか書かないし、昔のことを思い出して感傷にも浸らないし、うつ病のやつに「被害妄想じゃないの?」とか平気で言うし、母子家庭じゃない。

俺は偏差値低い高校を出て、大学もすぐにやめたし、意味のわからんGRAPEVINEの歌詞の解釈にも挑むくらいの未来のホープぶりを遺憾なく発揮していて、最近は馬鹿になったのか、自分の曲に役にも立たないのにピクシーズのドリトルを聴き、哲学書ばかり読んでいる。

 

歌詞ばっか書いている本当の理由は実際バンドの役に立てるのはそこくらいで、たいして声もかっこよくはないし、ギターもまるで弾けないのでこの間ダンくんに「お前左手奇形か?」と言われてスタジオで殴り合いになったし、動きは気持ち悪いので(それは言われると流石にマジでイライラする、だがメンバーに手を挙げたことはない、ちなみに)マジでなんでフロントマンなんですかね?中日が優勝するくらい意味がわからない。

バンドをしているくせに酔うと「バンドやめたい、ボーカル新しいやつ入れたい」と言うらしく、そのたびダンくんが「いや、でも俺はお前のライブ、好きだぜ」と言うのでそのたび殴り合いになる、この間久しぶりにギターを習おうと会った時は前歯が抜けてた、深くは聞かない。

 

そもそも昔はベースでボーカルでもなかったわけで、歌詞も英語だったのでもう本当に今の状況は意味がわからない。

スティングが好きだったから、ただそれだけで「ボーカルやめたし俺が歌うかぁ」とか軽いノリで始めた結果が今だと思うと、ボーカルが辞めた時点でバンドなんか止めてればよかったなぁとも思う。

 

あぁ〜昼間に起きてゼノギアスを進められる幸せ〜。

バイトはバックれた、年下にタメ口使われるのに耐えられずに〜、それは耐え切ったけど店長のクソさには耐えられず地面にスミノフ叩きつけてしまった〜。

バックれて空いた時間でRPGを進めている〜、最高〜。

こういう束の間の幸福も長くは続かず、ふとした時に急かされるように色々書いているのだ。

 

あの子を思って歌詞を書いてる俺は相当に気持ち悪いし、いろんなやつを嫌って殺したくなって拒絶拒絶拒絶!だったんで俺にはもうあんまり時間はない、バンド的にも、俺の命的にも。

最近は歌詞も昔ほど書けなくなってしまった、俺のフォルダーにある200曲くらいある弾き語りのデモから世に認められる名曲が出ないと終わり、スメルスのフォーコード、スーパーソニックアルペジオビートルズの「she loves you yeah yeah yeah」が出ないとバンドは終わり。

 

おばあちゃんっ子なので俺はおばあちゃんに約束をしている。

ばあちゃんが死んで生まれ変わってもいつか会いに行く。

それは絶対だろう、俺には絶対にできる。

 

でもあの子にちょこっとだけ会いに行くのは、現世だろうと来世だろうと前々前世だろうと無理だ。

おばあちゃんに会いに行くことよりも、百倍簡単なのに。

 

案外、入り口のドアを塞ぐビールやチューハイの空き瓶をどかして外に王将食いに行くのも面倒臭いのと同じなんだね。

 

この「臭い」は「照れ臭い」のか、それとも「水臭い」のか。

この発言がクサイ。

 

ハァ〜、草。

12/1 

俺は朱美ちゃんという子と結婚したかった。

無理だったけど。

 

今は、俺はのちのち大森さんもレイさんもタケシも伊藤さんも養うので、まぁ結婚して家庭を持ったみたいなもんだなぁ。

今度は無理じゃない。

11/23

11/23は相変わらず売れていないので珠玉の名曲を提げつつも、新宿でライブ。

出るライブハウスは俺が高校生の頃に熱心にライブを見に行っていたバンドがツアーでやっていた箱で、なんだかんだと上京前から知っている箱に出るというのは感慨深い、勝手に。

 

超遠回りをしてしまったしいらない遠回りであったしだったが、この間の高円寺、伊藤さんの「良かったよ」でぶちまけにぶちまけた水も盆に帰った、たまには掬ってみるもんだった。

これからは俺が救える人間だけを救えればいいと思うし、「絶対に嘘はつかない」ただ一つ、それ以外の感情はいらないいらない!

 

大阪からレイさんの親友がライブを観に来る。

北海道から俺がまだプーだった頃にサウンドクラウドで俺の曲を見つけてくれて、それからずっと追っかけてきてくれている子が来る。

ついでに、前の辞めたバイト先から女の子が見にくる。

 

25分ではどうせ何も伝わらないので何も伝える気はないが、男子は心を、女子は子宮を、俺は全身を震わせてぇ。

 

覆水は盆に帰るぞ。

11/9

かっこいいバンド死ぬほどおるなぁ、ええなぁ。

こんなのに比べたら俺の作ってる事なんかたいしてかっこよくないんだろうなぁ。

俺しかかっこいいと思ってないんだろうなぁ。

まぁそれでいいんだ。

俺が一番かっこいいと思ってるのは俺の曲だ。

 

ん?

 

かっこいいではないな。

かっこいいではないが。

一番正しい。

 

そうね、一番正しいのは俺だね。