読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイミーは泣く

自分語りばかりがたたり CRYAMYのボーカルの日記兼雑記

美しく生きたいって誓ったんです

上京してしばらくしてから始めたので、わりかし長いことやっているライブハウスでのバイト。

 

都心の方に一時間ほどかけて出勤。

今日はバーカウンター勤務。

 

当時、俺は金がなく、髪がボサボサなのが嫌でバリカンで坊主頭にしていた。

そんな俺も1年経てばまたボサボサが再来。

幸いQBハウスや1000円カットなどに行けるだけの金はあるのであの時よりは幾分かマシだけど。

 

よくはしてもらっていたが、多分周りのスタッフなんかには好かれてなかったと思う。

歳の近いスタッフで構成されていたが、俺は喋るのはそんなに得意ではないし、あっちも俺に興味もないのか話しかけてくることも少なかった。

PA兼店長は割と気を使ってくれる人でよく一人でポツンといる俺に話しかけてくれたり、ジミーイートワールドのCDとか貸してくれた。

 

まぁある時、偶然聞いてしまったけど、スタッフ間の会話で「蓮太郎は暗いし関わりづらい」みたいな話を聞いてしまった時からだんだんと楽しくなくなっていった。

 

バンドマンともスタッフはみんな仲よかったが、俺はというとごくわずかに話しかけてくれる人がいるだけでそんなにだった。

 

うーん俺の何がいけなかったのかはよくわからん。

話しかけられたら話するの苦手とはいえ会話してたんだけどなぁ。

まぁいいけど。

 

年明けに大学の方とはすっぱりと切れたのもあって都心の方に引っ越そうかと思っていたのだけれど、そうなると家賃が爆上がりする。

日給5,000円の仕事では到底賄えず、知人の伝手があってそれなりに稼げてバンドにも支障の出ない仕事が回ってくるのもあって、ライブハウスの方は退職することにした。

 

一通りスタッフに挨拶。

「よかったね」みたいな、当たり障りのない返事が返ってきて、そういや直前に辞めたスタッフのためにお別れ会開いてたな、俺の時はもちろんないか、と勝手に萎え。

「バンドも始まったらうちに出ればいいよ」なんて言ってくれたが、多分呼ばれないだろうな、とか思いながら「ぜひ」と俺得意のつくり笑い。

高校の頃よく世話を焼いてくれたえのきやさんという女の子がいたが、「お前はどうしてそう距離をとったみたいに笑うんだ」と言われたことがあって、卒業まで理由がわからなかったのだけれど、完全につくり笑いのせいだった。ごめんな、えのきやさん。

 

そうこうしてブッキングのことを思い出す。

ヤベェブッカーと全然コネクションがねぇライブできんやんけ、とか思っていた。

仕方がないので弾き語りなどしていた頃のように頭を各方面に下げまくるしかないか...と絶望していた。まぁ頑張るけどさ。

つてがないと何もできない貧弱加減に辟易。地下アイドルのライブいこ。いかんけど。

 

店長には先立って報告していた。

人手が足りないらしく、すげぇ苦々しい顔をされた。まぁ優しい人でその後はにっこりと笑っていたけど。

「バンドはどうよ?」と聞かれて「ぼちぼち揃ってきてライブもやれるかと思います」と答えた。

「ジャンルとかどんなのやるの?」と聞かれて、「エモ、っつってもラウドよりじゃなくて90年代のオルタナのエモですけどね...Idlewildみたいなの。グランジも好きだからその辺も意識してますよ」的なことをいった気がする。

後は結局大学も辞めたこととか。

 

店長はいい人なので「バンド始まったらうちに出ろよ〜」みたいなことは言ってくれたけど、まぁ多分呼ばれんだろうなぁと思ったのもあって、「あー...まぁ界隈の事情とかもあるし、そんな無理して俺みたいなのよばんでもいいですよ」と言ってしまった。

 

めっちゃ悲しそうな顔してた。今年一の失言。

バイト先で泥酔してお客さんのヤクザに暴言吐いて2ヶ月くらい安心して町歩けなかったのを塗り替えた。

 

帰りの電車でも一緒になったけど、そのあたりは会話に出てこず、まぁ頑張れよ、的な流れで終わった。

 

店長はキャリアも実績もすごい人なので、売れてるバンドもたくさん知ってるし、現に強い面子が彼に挨拶きたりとか、あった。

まぁそういう人が俺に、まぁ社交辞令とはいえ、「うちでもやれよ」と言ってくれるのは嬉しかったし、実際俺のバンドも見て欲しかったのだけれど。

でもなんだか腹が立っていたのだろう。嫌われてたのが身をもって伝わってきてるようなところに出たくなんかなかったし。

雑魚の思考だが、俺は意地になっていた。

 

ちくしょう見返してぇなぁ。

見返してぇ、できるか?いややるんだ。

 

そんなことを思いながら深夜のスタジオ。

歌い方を変えた。ギターは相変わらず下手くそだった。エフェクターがいい感じ。何より俺のレスポール音がいい。

 

朝マック食ってバイトのシフト代わってくれる人を探すも見つからず勝手にイライラ。

バックレることを考えつつ電車に乗り込み、夕方まで就寝。代わりは見つからず。

 

バックレ説が濃厚になる。

バイトはまた探せばいいや。ダメ人間、アンドロイドより、送信。