エイミーは泣く

自分語りばかりがたたり CRYAMYのボーカルの日記兼雑記

2月13日、愛を語る

俺は外出することがあまりないのでそもそも風呂に入ることがない。

昨日は大森さんと、ギタリスト募集のやつに引っかかってくれた人と三人でスタジオの予定だったので、俺の全身から漂い散らかすスメルスライクティーンスピリットを弱酸性ビオレとダブモイスチャーウォッッシュで落とす。

 

そんなこんなで着下北沢駅南口。

程なくして現れるギタリスト。

腹たつことにイケメンで関西弁だった。負けへんどおら。

 

ガストでいろいろ話をする三人。

緊張のせいか口数が多い大森さん、髪が思いの外伸びて鬱陶しいなぁ切りたいなぁと思う俺(緊張もしてたよ)

 

俺はブリットポップ、ギタリストAはファンク、大森さんはUKインディーとバックボーンがなかなかに違うので楽しみにしてスタジオへ。

 

ギタリストAはギターめちゃくちゃうまくてびっくりした。技巧派よりの人だったが、レッチリが好きと言っていたようになかなか渋目のフレーズを使う人で個人的には非常に好みだった。

結構積極的に案も持ってくれて、曲構成とかも話し合えてなかなかいい人だった。

あと持ってきたストラトの音がめちゃくそ良かったので、くれ、と思った。似合わないけど。

 

俺と大森さんの対応力も上がっているのか、知らない人と突如スタジオに入ってもいけるものだなと若干調子にも乗ったし、曲も褒められたのでやはり俺は天才だった。

顔も高橋一生に似てるし。

 

スタジオ終わりに定食屋で会合。

いきなり加入もあれだし、お互いにいろいろ見てみたい、ということで今回はおひらきにしましょうか、と話をした。

 

その後はくっちゃべる。

世捨て人3名による闇あるあるを語る。

俺がライブハウスの出方がわからず高田馬場まで「出してちょ」って直談判した話とか、ライブの時の佇まいがチンピラ臭すぎて毎回取り置きしてライブに来てくれる女子大生ぽい女の子が一向に話しかけてくれない話など序の口。

顔面血まみれとか家ウォッカトニックとかうつ病とかやばくなったらマンションの地下の居酒屋の女将に慰めてもらいに行くとか5歳年上の女と付き合いたいとか話した。

初対面じゃねぇだろこれよ。

 

とりあえず俺は引き続きリードギターを求める旅に出てる。

マジで下手くそとか関係ねぇ、正規で来てくれて、願わくば俺の言うことも少しは聞いてくれるやつ。

音源渡すし、ツイッターでもなんでもいいからヨォォ〜〜って感じ。

このままだと俺と大森さんが死ぬ。

赤塚はストレスで机の角を噛んでる。

 

帰宅してART-SCHOOLのLive DVD見る。

ロリータキルズミーでいっつもおわぁってなる。