エイミーは泣く

正直ただの雑記

型にはめられる俺たちは

突然だが髪をすごく切った。

 

かなり短くした。

ありえんみが深いくらい短みが凄み、だ。

足元に広がる俺の残骸がえらいことになるほどに。

 

バンドやら弾き語りやらやってたりするのは本当なんですけど、「バンドマンみたいですね!」と言われるのが本当に嫌い。

マッシュ、顔が薄い、スキニー、みたいな。

ウゼェウゼェ黙れ黙れそれ全部めしだ!みたいな。

 

まず俺バンドは好きだけどやってるやつだいたい嫌いなんだよね。

女くせ悪いやつ多いし、話もつまらんやつ多いし、ノルマがきついと年上のバンドマンが「来てよ」みたいな。

お前は俺のライブ来たことあるか?あ?ってなるしね、3〜4人しか集められないダサいバンドなんかやめちまえばーか、っつってな。

 

話が逸れた。

 

まぁ最近特に感じるのが、人間誰しも違うのは当たり前なんだけど、どうしても類似したところというのは出てくる。

そういう時に、細かいところで良さを見出さずに画一化しちゃうのが俺は大嫌い!

マッシュはマッシュでも性欲の強いマッシュもいれば、宮ちんみたいな勃起してもあんまり硬くならないのが悩みのやつだっておるわけだ、わかる?

そういう、判断を投げたような投げやりに人間を見ることも嫌いだし、何より自分も型にはめられていく感覚が本当に嫌いだった。

 

具体的に言えば昔組んでたバンドはもう少しサウンドが重めの、コア寄りな音楽性だったんだけど、「Fall out boyとかsum41だね」とか言われてて、それがスゲェ嫌だったし。

オルタナティヴロックとはいうが、俺は俺の歌をやりたいけどそれはどのバンドとも違う自負がないとダメだなって、東京きて曲を書くようになって一番意識しとる。

そんな感じだからメンバーも定まらん。

リードギター去年だけで5人やめとるし、今年も音源公開して加入希望できたやつ8人全員消えた。(そこは現行のメンバーの総意でもあるけどもさ)

 

もっと言えば、話変わるけど、よく音楽サイトであるよね、「いまやリスナーの間でもアンセム化した〜」とか「シンガロングが巻き起こり〜」とか。

スゲェ大嫌い。

こうも簡単に、一つのライブとっても簡単にカテゴライズや画一化の餌食にかかるのか!っつって。

ライターが悪い!って責めるのは簡単だけど、それはなんか違くないですかね?

多分圧巻のパフォーマンスができてれば、文章も変わってくるんじゃないかな?

あつけりゃいいんでしょ?なんて偽椎木ともみのMCは死ぬほどブッキングライブで聞いてきたし、どっかで聞いたことのあるギターのフレーズや、甘ったるい声で歌うその辺にいそうなボーカルとか、目を向けるのは結局己の研鑽の量じゃないすかね?

 

ひとくくりにされるのがすごく悔しくて、悲しくて、それから脱却したくて自分を探して磨いて削って、それがバンドじゃないすかね?

負けちゃいかんでしょ、画一化に、型にはめたがるやつに。

争ってたい。

 

「マッシュで細くてバンドマンみたいだね」と言われた僕はなんだか嫌で、髪をバッサリと切り、ズボンは高校の時履いていたHIP-HOPかぶれのような太いのを下ろした。

服はボロボロのを着るようになったし、無精ヒゲもはやしてる。

そりゃ曲は聴いてほしいからさ、最低限、「かっこいいなぁ!」って言われるようにルックスには気を使ってますよ!

でもなんかあれじゃん、もう細くてマッシュはいっぱいいるし、エミネムみたいな感じのが出てきても良くない!?

 

まぁ俺エミネムほど屈強ではないが!ね!

そういうことだ!

 

俺は俺でありたいのよ、わかってくれよ!って感じ。