エイミーは泣く

正直ただの雑記

立て続けにものを殴りたくなる病気

先日仲良くしてる某バンドマンから電話がかかってきた。

「元気?」なんつって世間話をかますけど俺は彼のことが好きだけど嫌いだった。

去る年メジャーデビューアルバムをわざわざ発売前に自宅に丁重に送りつけられた時ばかりは殴ろうかと思った。

 

なんだかんだ気にかけてくれるのは嬉しいのだけれどあんまりそういうのはやめてくれよ俺が悲しくなるからヨォ〜、見てんだろこの日記も。

 

最近スタジオに入るたびにイライラしてる気がする、俺はなんだ!俺とは!一体!全体!

何もうまくいかないのはいかないでいいんだけど、たまには報われたいし無垢になりたい瞬間的に習慣的に。

最近では自分で作った曲の音程が高すぎてサビが全部破れかぶれのシャウトになるしそこもムカつく。

「レンタロウは音程ギリギリを叫ぶ歌い方がベンジーみたいで、いいよね」と件の彼は言ってたっけな。

ウルセェなあお前の意見は聞いてねぇよバーカ!

 

そんなこんなで苦悩に苦悩を塗りつけてエッチな気持ちが湧いてくる余裕もないほどに疲れ果てて、終電に乗って帰るのも億劫な奥多摩の住民の俺は世田谷の住民のレイさんの家で明け方までずっと喋ってた。

また偉そうなことでも行ったんだろうか、それはそれでいいんだけど嫌われたくはないよな。

 

昼過ぎに起床してなぜか二人で三島由紀夫最後の演説を聴いて感動し、俺はギターを彼の家に放置してバイトに向かった。

 

何かがうまいこといくってのはマジで奇跡だから、当たり前に思ったらいけないし、でも当たり前に思えなくなったら素直にあんなにも喜べなくなっちゃうんですかね?ベンジーグレッチで殴って!

 


Blankey Jet City - Sweet Days

 

グレッチを弾け。