エイミーは泣く

自分語りばかりがたたり CRYAMYのボーカルの日記兼雑記

少年サンデーヒロインのガチ度を語る青年のサンデーミッドナイト早く寝ないとお腹痛くなっちゃうのに!

浅倉南よ。

 

朝からバイトに向かい、ヘルプ先の店舗であるにもかかわらずキレちらかして帰ってきた。

愛想がない奴は基本的に嫌い!俺も愛想ないって?そりゃあ同族嫌悪というワードがあるっちゅーにさ。

ねぇ?

 

帰宅途中タケシの家で彼の焼いた和牛をいただく。

美味しい。

叙々苑の焼肉のタレをスーパーで買ってかけて食ったのだけれど、もはや叙々苑だった、彼の家が。

飯食った後テレビ見ながら彼の家でタッチ読んでた。

浅倉南はやばかった、ラーメンのお箸を口元でふっとするシーンとか、たっちゃんにキスするシーンとかマジでやばかった、南。

そんな南が忘れられていない俺はどこまでも上杉だった、上杉謙信であり、もはや八王子市の端っこにある俺の家周辺が川中島であった、なぁ信玄。

 

曲が出揃ってきてようやくライブ用のセットリストが埋まった。

苦節に苦節を重ねて俺の心的な外傷もPTSDを超越、深まった沼の底の底で蠢いている俺の何やらがふんだんにこもっていた。

 

怒りを込めていこうと思います。

その前に弾き語りがあるので頑張ります。

誰もこねぇけどな!死ね!全国の俺を認めない奴ら!センスねぇ!