エイミーは泣く

正直ただの雑記

量産された悲しみも怒りも必要っすかね?でも俺の鬱憤も伝わらなきゃ生ゴミでしょうなぁ


Mudhoney - Touch Me I'm Sick (Live on KEXP)

 

mudhoneyやらpavementやらを最近は聴いている。

ローファイな感じのギターポップや哀愁のあるパワーポップ、新しい世代のパンクなんかが俺のストライクゾーンなのかもしれないなぁ、でも古いパンクもラモーンズはスゲェかっこいいと思う。

グランジなんて言うけど、ニルヴァーナはパンク、パールジャムはハードロック、サウンドガーデンは神。

でもグリーンデイとかサムとか、昔は好きだったけどなんだか最近は受け付けなくなっちゃって、うーんうーん!

 


Joy Division - Disorder (Performance From "Control")

 

「コントロール」という、ジョイディヴィジョンのイアンの生涯を題材にした映画があって、俺はこの間これを見てなんか泣けてしまったんだけど、伊藤さんに「浮気して勝手に死んだだけじゃん」と言われた、沖縄料理屋で。

俺の涙とは。

 

_____________

 

「歌詞わかりづらいね」と微笑むあの子はかわいかったけど俺は少し威嚇するように「じゃあPOPS聴いてれば?」と吐き捨ててしまった。

 

作り物のパッケージングされた悲しみやカジュアルな鬱はそりゃあ伝わりやすいもので、人からすればわかりやすいものがとっつきやすくて、癒しにはなるかもしれないが、それは癒しにはなっても(なるとは一ミリも思ってないけど)救いにはならないと思っている。

 

アメリカのジェネレーションXじゃないけど、どうっすかね、生活とか。

急に規模がでかいか?まぁいいや、暗いと思うんすけどどうですか。

 

俺の東京出てきてからの友達がいる。

彼は高円寺に女と住んでて、振られて家に住めなくなって泣く泣く湘南に引っ越したというコミカルな男なんだけど、すごく影のある男だった。

「誰も助けてくれないからなぁ」が口癖で、鍛えた体に威嚇するような入れ墨を入れて、趣味はサイクリングとサーフィンで、そこそこ有名な女優と付き合ってて、だけど、目の奥は悲しげだった。

 

彼は俺よりも5歳か6歳年上で、世代の銀杏ボーイズや青春パンク、ELLEGARDENを通らずに、art-schoolsyrup16gが好きな男だった。

洋楽はリバティーンズとかR.E.MとかBeckが好きらしいからあんまりかぶってないけど。

 

俺がイマイチ音楽に自信を見出せなかったり、もっとわかりやすい言葉で書け、とかもっと明るい言葉でやれ、とか言われて泣いてた時に「俺はビネガーで昔のことに折り合いつけることができたし、真理からで昔の後悔を思い出にできたぞ」とLINEを飛ばしてくれた。(同時に「俺は友達だから聞くけど、まぁ売れないと思うけど」と言われてブチ切れた)

 

俺はただ「悲しい」「辛い」「鬱屈」を歌詞にはしたくないし、それは、ただの暗いバンドで、何も響かないし。

俺は、「自分」「感情」をゲロみたいに指突っ込んで吐き出して、それでおしまいでいい。

 

おしまいにするためにやってるのだ。

 

ジョンライドンが「量産された怒りが多すぎる」と批判している記事を中学生の時に見た。

俺は量産されたものでは残念ながら救われなかった、YUIT.M.Revolutionは聴いてたけど。

 

俺は俺の俺を吐き出していくだけだ。

 

そんなわけでレコーディングを昨日してきた。

三曲。

territorialなんかサビの歌詞毎回変えてるからちゃんと歌ったの久しぶりで譜割を忘れてた。

まぁ待っててくれよ聴いてくれよ。

 

あと寂しいからたまにはご飯誘ってよ。

嫌いじゃないならね。