エイミーは泣く

正直ただの雑記

11/11

twitterのプロフィールに、「気安く話しかけるな」を追加した。

 

「バンドをやめたあいつに...」

この間、友達のライブを見に行った時に鼻についたMC。

 

基本的に、俺はバンドをやっている人間と仲良くなったことがない。

話していても、自分の苦しみとか、決死の覚悟とか、そんなものを押し付けてくるやつか、大学生のノリを23にもなって引きずっているやつか、心を開かない奴しかいないから。

 

バンドをやめた、学校をやめた、部活をやめた。

必死に何かをするというのは、NHKとか道徳の授業とか宮沢賢治の小説とかでは尊いものなんだろうし、勝手にすればいいと思っているんだけど、じゃあその国営放送も一面的考えもクラムボンも、必死に何かをしていない奴を罵ったり、侮ったりする権利はなくないですかね?

 

泣きながら「カワノくんならわかってくれると思ってたのに、俺の言いたいことが」とか言っていたが、そう見えたのなら俺が悪いんだと思う。

 

必死にやってるから認めてくれ、あなたのためにやってるから愛してくれ、誰か一緒になってくれ、は、誰しもが思ってはいれど、決して褒められた感情ではない。

と思う。

それを、人に押し付けてしまうのは、押し付けることが当たり前なのは、俺はクソだと思います。

 

逆に、その感情を吐き出してしまった人間を「クソだ」ということもまたクソだと思います。

 

なので、何が正解なのかはわかりませんが、正解が出たらそれはいいことだなぁと思います。

 

俺は正解がわかりませんので、どっちにもクソと言います。

俺もクソだな。