note

正直ただの雑記

12/10

昨日も日記を書いたのに今日も書く!俺の人生は潤ってるねぇわしゃブロガーか!!!嫌いなんだよね日記ごときで悦に浸ってるやつも、くだらん文章で表現者ぶってるやつもね!だからバンドやってるやつも嫌い!シッガーソングライターをSSWって略してるやつも嫌い!!!

 

まぁこんな感じだし、大学生のアカペラサークルの動画とハヌマーンコピーバンドが死ぬほど嫌いで、見るだけで吐くないしは痙攣や失神などの症状を起こすことで有名な俺ですが、昨夜の晩飯が食パンにマヨネーズをかけて熱しただけのものだった時はさすがに敗北感がすごかったですね。

 

昨日は飯を食ってサァ寝よう!といったところで夕方ごろに明らかにヤバイ声色で友達から女にフラれた旨が伝えられたので、こういう時は社会的弱者のみんなで鍋をするのが一番のね、薬だと思ってね、俺の家で鍋パーティー(四畳一間)をすることになった。

バカなので全員持ってくる具材はイかれてたし、俺も俺で鍋はほぼ洗わずに具材をブチ込み熱し、各々がテキーラストロングゼロで楽しんでいた。

俺はバイト先からもらった業務用ストロングゼロを炭酸水で割って飲んでいた、製品版よりもきつくて、この間ニコニコ動画で見た多田野数人のスローボールとチャップマンのストレートの比較動画くらいやばかった。

 

マジで全員半年ぶりくらいだったんだけど、見るからに痩せていて、俺も痩せていたらしくて、全員がラップバトルで例えるとMC栄養失調、MC社会構造のガン、MC救われぬ哀れな迷い子、MC双極性障害1型。

この世の地獄だった。

ただ俺が彼らと違うとしたらバンドメンバーや伊藤さんにたけしといったただの友達ともまた違う大事な人間がいるということだったけど、彼らにはそれがいない。

マジで表現者振るわけではないが、いつかこいつらの孤独をしっかり描いてやれたらいいなぁと思った、それは俺も抱えている孤独だしね、ねっ!MC癲癇!

 

そのあと大森さんと電話で真面目な話をした。

下ネタでしか笑顔になれない男はバンドにおいては真剣そのものであった。

みんな頑張ってるし俺も頑張らんとなぁ〜と思ってギターを弾こうとしてたらクズがすでに弾いてた、おしゃかしゃま弾いてて世代だなぁ〜と思ったし、てか弾けるのかよ俺より上手いじゃんと思って腹が立ったのでブラックニッカ飲んだ、今は下痢だ!

 

もう全員出来上がったくらいからは人の悪口を言うことや進めていたブレスオブファイア4をやるのもやめ、号泣したり陰毛の話をしたりフラれた女の話をしたりして朝になっていた。

 

全員朝からバイトということで帰って行くのを駅まで送って、始発とともに変える背中を見つめていた。

同時に始発で駅に降りてくる人間が数名。

俺はよく朝最寄駅に帰ってきて、逆に改札をくぐっていく真人間を見てコンプレックスにかられたものだが、冷静になって考えてみろ、その道は自分でやらかしたことだぞ!!!????と思うようになったのが19の頃。

そう、バンドマンの感傷などしょうもないしちっぽけだしダッセェし不細工なのだ。

そう思ったら誰にも負ける気がしなくなってきた、誰にもは言いすぎたけど、俺は虚言癖持ちなので、日本じゃ一番俺がかっこいい、次は綾野剛、くらいのことは平気で言う、俺が一番かっこいい。

俺が嫌いなすました顔ですましたことをしてるくせに書いてる内容は清潔にラッピングされたオメェポテトチップスかよ!!!???みたいな曲じゃなくて、すまそうとしてるけどライブ中動きが気持ち悪くて絶妙に近寄りがたく、書いている内容はレディースコミックからフィクションと救いをなくしてしまったかのようなことを叫んでいますが、俺が一番かっこいいし、俺が一番かっこよくないとみんな飯食えんし、今日の朝帰った奴らも俺も5年後どうしてるのかわからんやつも、なんで生まれてきたのかわからんでしょ。

 

soundcloud.com