note

正直ただの雑記

1/27

ギターのローンが終わったタイミングでペグがいかれた。

多分ライブで放り投げたり(昔)スタジオでイライラした時に放り投げたり(一月)したせいだと思う。

昔からよくイライラすると人には当たるしものには当たるし最低な男なので、天罰を今更食らった気分だった。

このごろ反省することが多く、駅で知らないおっさんに絡まれてどつきあいになり(相手は無抵抗だったので俺が一方的にどつく形だったのだけど)警察がやってきて駅員室にぶち込まれてレイさんに迷惑をかけ、もう知らない人に絡まれても無視しよう...と反省したのもついこの間。

 

先日雪が降った時に、柄にもなく初めて家の近くの川べりに行って、土手や路上に積もったカップラーメンを食ってみた。

これが案外気持ちがよく、食べ終わった後もしばらくは無心で眺めていた。

普通に寒かったけど。

大きな自転車屋の真裏になっていて人通りの少ない道だし、時間も深夜だったからか誰もやってこない静かなところで、もう引っ越してしまうのにお気に入りの場所にランクインした。

 

昔から川が大好きで、小さい頃の記憶では祖父の畑のそばを眺める浅い川をずっと眺めていたこともあったし、高校時代に決まって学校をサボるときは近所の大きな川の橋の下で誰かが心配して迎えに来てくれる想像をしながら弁当を食っていたこともある。

昔聞いた怖い話では、川というのはなんとも不気味な奴らがよく出てくるところなのだけれど、幽霊が大の苦手、なんならバイオハザードも嫌いだし、な俺にしては珍しく、いつまでもいていられる貴重な空間だった。

そんなのもあって、シンガーソングライターが地元の川を歌詞にして歌っているライブを見たときなんかは「川の何がわかる...」みたいな気持ちになることもあった。

ただ逢瀬川は超好きだった。

歌もいいし、間奏のリードギターも好きだったし、アウトロのCメロはやばい、ってか音速ラインが好きだった。

逢瀬川

逢瀬川

 

ここ数日ほどは人とメシを食うときはすぐにお腹がいっぱいになるのに一人でいるといつまでも腹が減って仕方がないので、「これは心の満腹度なんだ」と勝手に決めつけて、川をぼーっと眺めてカップ麺を食っている。

多分今日も行く。

 

川に行けばいい曲ができるとかそんなことは全くないし、「いつかぼくらは離ればなれ」(逢瀬川より引用)っつっていま仲のいい人や一緒にバンドを動かしている人や小学三年生の頃近所に住んでいたのに何も言わず引っ越してしまった昼休み昆虫ごっこをして遊んだ友達(マジで離ればなれになってしまった)のことを考えてしまって鬱になったりするけど、離ればなれになる前にお前らのことは幸せにするからな〜〜って思うんだけど、俺の預金通帳はもう3000円しかないことにも絶望する。

 

イかれたやつはかっこいいし、イかれたやつしか説得力はないし、イかれたやつしか突飛な行動は認められないからイかれたふりをしているけどこれって意外と疲れるんですよ、わかりますかね?って川は何も答えねぇよ!

いたって普通のやつはロックしちゃいけないですか?教えてくれませんか自称でも他称でも天才諸君よ!「売れたい」「セールス欲しい」「認められたい」と公言していろいろこねくり回して曲作ってるから信じてもらえないけど実は音楽めちゃくちゃ好きなんですけど!認めちゃくれませんか!

せめてこのなけなしで「生きる」を語ってみて、「いいね!」っつって褒めて欲しいものだ!言い訳だけども。

 

www.youtube.com