note

正直ただの雑記

3/30

レコーディングが終了した。

始まった当初はどうなることかと心配が尽きなかったけど、終わってみれば終わったなとすんなり受け入れられるものだ。

 

自分は神経質な方の人間なので、レコーディング中はずっとイライラしていたせいか、メンバーも伊藤さんもサポートの高橋さんも気を使わせてしまっていたと思う。

 

俺らは上手いバンドではなく(個々の技術は置いておいて)バンドとしては途方もなく拙い。

自覚できる範囲で問題が多いのだからきっと他にも多くの問題があるんだと思うし、実際レコーディングではそれが露呈した結果になっていた。

 

終わってみれば、メンバーも周りの人間もエンジニアさんもすごく必死に取り組んでくれたし、俺は出来不出来を超えてすごくいいものになるんじゃないかと思っている、俺はずっとイライラしてたし、歌入れの日なんかキレちらかしていたけど。

 

何はともあれ、もうすぐ出来上がるそれで僕らはそれなりに行けるところまでいけたらいいやと思っている。